障子の張替えならプロにお任せ【畳の張替えについても同時に依頼】

記事リスト

障子

住まいの扉を美しくする

業者に障子の張替えを依頼する際は、宅配サービスも利用できます。宅配であれば事情があって自宅に業者を上げられない時でも安心して張替えてもらえます。障子には様々なカラーバリエーションがありますので、インテリアやシーズンに応じて選んでみましょう。

詳しく見る

高齢者におすすめ

部屋

無理をせずに依頼

日本では高齢者社会が進んでおり、さらに、核家族化が進んでいることで、これまで各家でこなしていた仕事が、自分ではできなくなってきている現状があります。一方で、こうした状況を踏まえ、さまざまな家事を仕事としてこなす業者が登場しており、障子の張替えについても、外部業者に依頼することができるようになっています。若いうちは、立ったりしゃがんだり、といった動作は苦も無くできますが、戸を入れたり外したり、といったことも行わなければならない障子の張替え作業は、年齢を重ねるとともに負担が大きいのです。特にたくさんの枚数を張替えるとなると、その労力は大きく、資材の購入、持ち運びも車を利用しなければ簡単にできるものではないのです。また、これまで電話一本で駆けつけてくれていた近所の障子張替え業者が営業していない、といったことも考えられ、どこに依頼してよいかわからない場合もあります。しかし、現在では、インターネット上で営業している業者が各地に存在しており、画面上で無料見積りができるようになっています。これまで経験してなくとも、依頼、契約までの流れを図解入りで説明しているところも多く、わかりやすくなっています。また、障子については、現在多くの素材、柄から選ぶことができるようになっており、事前に業者のホームページで検討することができるようになっています。これらの業者は他の家事を請け負っていることも多く、網戸、畳の張替えについても同時に依頼することができ、人気が高くなっています。

ウーマン

快適な環境を実現

昔から普及している障子や襖が現在でも使用されるのには、その快適さがに夏暑く冬寒い日本の風土に合っているからです。和紙は調湿機能や採光性に優れ、効果を発揮するために定期的に張替える必要があります。新しくなることで障子紙の機能性を実感することができます。

詳しく見る

メンズ

頼むと楽です

障子の張替えというと、高齢者ほど自分で行うべきもの、と考えている傾向があります。しかし、現在は環境が変わっており、インターネットで無料見積りができるだけではなく、格安な上、柄選びまでできるようになっていることから、業者に頼むという選択肢は十分に検討に値します。

詳しく見る

部屋

扉を新しくする方法

業者に依頼して定期的に障子紙を張り替えれば、室内の照明が明るくなります。張替え業者は障子紙のサンプルを持ってきてくれますから、機能やデザイン性を考えて紙を選びましょう。張替えの際は扉を室外に持ち出してくれますので、家にスペースを用意する必要はありません。業者のサービスを考慮して依頼先を決めましょう。

詳しく見る

障子

破れたら放置せずすぐに

和風建築において欠かせない障子には、実は空気精神や湿度や、温度の調整など様々な効果があります。この効果をしっかり発揮して貰うためにも破れた障子はきちんと張替えるのが大切です。障子の張替えは、自分で行ったり、業者に頼んだりもできるので、自分にあった方法で張替えるのがおすすめです。

詳しく見る