障子の張替えならプロにお任せ【畳の張替えについても同時に依頼】

記事リスト

快適な環境を実現

ウーマン

便利な機能つき

日本家屋を代表する建具に、障子や襖があります。これらの建具は部屋の間仕切りとしてだけでなく、室内環境を整える機能が装備されています。障子や襖のどちらも木枠に和紙が取り付けられています。張替えができるようにしっかりと木枠が作られていて、昔は年末になるとどこの家庭でも大掃除の一貫として、障子紙を張替える習慣がありました。ここで使用される和紙はパルプが重なりあった構造をしていて、屋外の空気を和紙が吸収して、室内に吐き出してくれる空調機能があります。湿度の高いときには和紙が湿気を吸収したり、乾燥した季節では和紙の湿気で程よい湿度環境にしてくれます。また、障子紙は採光性に優れていて、夏の強い日差しは柔らかく室内に取り込んでくれます。そのため、和紙は湿度や日焼けにより傷んでいき、定期的に張替えをしていく必要があります。張替えることで和紙は性能を取り戻し、室内環境を常時快適に維持させてくれます。昔は和紙を中国からの輸入していて、襖に取り付ける和紙は高級品として貴族の間でのみ使用されていました。現在では日本で作成され、一般家庭に広く普及されていきます。現在の障子紙は湿気と共にハウスダストを吸収して喘息の人や気管に問題のある人にとって優しい環境が作れたり、カビや埃っぽい環境を昔の知恵を使って回避できます。何故障子や襖が現在にも引き続き使用されているのか、その意味を理解するとその利便性に感心させられます。