障子の張替えならプロにお任せ【畳の張替えについても同時に依頼】

記事リスト

破れたら放置せずすぐに

障子

2つの方法

障子といえば、昔ながらの和風建築においては欠かせない存在と言えましたが、日本の建築の欧米化が進むにつれ、使用していない家も増えました。それでも、和室がある住宅では、今でも障子が使われていることも多いです。そんな日本では古くから愛され使用されてきた障子ですが、障子は木の枠組みに和紙を貼り付けて作られているので、破れてしまうことも多いです。こうなると、せっかくの風情ある障子の見た目も悪くなってしまいますし、なにより障子本来の力を発揮できなくなってしまいます。障子には本来、通気性と吸湿性、保温性に優れており、空気を自然に清浄化しながら室内の湿度や温度の調整も行ってくれるのです。そのため、四季があり寒暖差が激しく、雨季には湿気が多くなる日本の住宅では、古くから愛用され続けてきたのです。そんな実は優れた効果を持つ障子に十分に効果を発揮してもらうためにも、一度破れてしまったものは放置せずすぐに張替えを行う必要があります。では、障子の張替えとはどのように行えばよいのか。1つは自宅で自分で張替え等という方法があります。自分でやるとなると難しいのでは、と思われる方も多いと思いますが、実は最近では張替え用のキッドなども販売されており自分で張替えるのも難しくはありません。昔から障子のたくさんある和風建築に住んでいる方などは、自分で張替えることも多いのではないでしょうか。そしてもう1つは、業者に張替えてもらうという方法です。この方法の良いところはやはり自分で張替えるのに比べれば、手間がかからないことです。普段忙しかったり、こういった作業が苦手という方はこちらがおすすめです。